高崎市倉渕地区 小栗上野介忠順の墓

高崎地区・名所 高崎地区・旧跡 箕郷地区 榛名地区 倉渕地区
■倉渕地区
 小栗上野介忠順の墓
 倉渕の道祖神
 クラインガルテン
 相間川温泉 ふれあい館
 亀沢温泉
 倉渕温泉
 倉渕福祉センター せせらぎの湯
 川浦温泉(はまゆう山荘)

小栗上野介忠順の墓

 時は幕末。勘定奉行、海軍奉行など徳川幕府の要職を歴任した小栗上野介忠順は、倒 幕の動きに対して主戦論を唱えていましたが受け入れられず、領地である権田村(旧倉渕村権田)に引き上げてきます。彼の類いまれな実力に危険を感じた明治政府軍は追討 令を発し、遂に捕らえられてしまいます。慶応4年(1868)閏4月6日、上野介は水沼 の地で家臣とともに斬首されてしまいました。享年42歳。その墓は東善寺にあります。

 アメリカへ修好通商条約批准のために渡った上野介は進んだ西欧文化を目の当たりに してすさまじい衝撃を受け、帰国後日本の近代化に力を注ぎます。その功績の一つに 横須賀製鉄所(造船所)の建設があります。今も横須賀市民にとって、横須賀の発展 の礎となったこの製鉄所を建設した上野介は高く評価され、日本の近代化を夢見た、現実主義の優れた官 僚であった小栗上野介の生き様こそは、平成の世にあってもなお学ぶことが多いようです。

古い情報もございますので、必ず最新情報を確認するようにしてください。
このサイトに関するお問い合わせは、『風のたより』 までどうぞ
高崎市観光ガイドのトップへ戻るサイトマップリンク