高崎市旧跡 山名八幡宮

高崎地区・名所 高崎地区・旧跡 箕郷地区 榛名地区 倉渕地区
■高崎・旧跡
 少林山達磨寺
 洗心亭
 だるまの絵付け体験
 だるまの眼入れ
 少林山だるま市
 だるまの起源
 山名八幡宮
 金井沢の碑(国特別史跡)
 石碑の路(いしぶみのみち)
 山ノ上の碑(国特別史跡)
 倉賀野宿脇本陣
 倉賀野宿日光例弊使街道と常夜灯
 高崎市田町の街並み
 高崎市大信寺の徳川忠長の墓
 高崎市一里塚
 高崎市上豊岡の茶屋本陣

山名八幡宮

 創建年代は明らかでありませんが、新田義重の三男山名義範が宇佐神宮を勧請して文治年間(1185-1190)に社殿を造営したと伝えられています。鎌倉街道沿にあって、鎌倉時代には門前町として宿も形勢されていたと言います。

 現在の社殿は本殿・弊殿・拝殿からなる権現造りで、三手先の軒や腰部の彫刻がすばらしい。本殿は銅板葺きの三間社流造りで、彩色した彫刻が施されています。拝殿部分は、なんらかの理由で後に建替えられています。境内には他に、随身門・神楽殿などがあります。

群馬県高崎市山名町1581
古い情報もございますので、必ず最新情報を確認するようにしてください。
このサイトに関するお問い合わせは、『風のたより』 までどうぞ
高崎市観光ガイドのトップへ戻るサイトマップリンク